名城大学体育会準硬式野球部公式ホームページ

清瀬杯 第54回 全日本大学選抜準硬式野球大会 準決勝 対 早稲田大

こんにちは!

マネージャー2年の杉浦です。

先日行われました『清瀬杯 第54回 全日本大学選抜準硬式野球大会』の準決勝について報告します。

清瀬杯第54回 全日本大学選抜準硬式野球大会
準決勝(9月7日)対 早稲田大学

3-4  ●敗北(延長10回)

 

先発は今大会2回目の先発となる1年松下(愛工大名電)
緩急を上手く使い打たせてとるピッチングで、5回には牽制でアウトを獲ります。
強力な早稲田打線を7回1失点と素晴らしいピッチングでマウンドを降ります。
D5CCA416-3CDB-47AB-AD23-5A558DC216C3

打線は4回、4番小塚(4年・至学館)がレフト戦に二塁打を放つと6番遠藤祐(4年・享栄)が死球で出塁し一死1,2塁とします。
10FE8C28-8506-49C7-9BD6-E2D5492A4672

7B89BC37-FC45-4E55-BA9B-1FB80F1B0A56

すると7番井上(4年・宇治山田商業)の打席でパスボールがあり2塁から小塚が好走塁で1点を先制。
その後井上が右前適時打を放ち2点目を追加します。

11904ECD-A220-4618-A5A7-0AE79082A5D4

C61FE96E-E599-43BC-9290-E30CAFD9135A

2点リードで迎えた5回、この回先頭の9番山形(4年・栄徳)がレフトオーバーとなる二塁打を放つと、1番諌山(2年・豊川)が送りバントを決め1死3塁に。

BE5ADBDE-240B-4985-9DA4-E60B00B10219

スクイズの失敗がありながらも2死2塁で迎えたバッターは3番岩田(3年・浜松工業)
フルカウントから右前にタイムリーヒットを放ちさらに1点を追加します。
5F9C6351-3564-4A70-A794-C5A784554D0A

その後追加点がないまま2点差で迎えた9回表。
この回を抑えれば決勝という場面でしたが、エラーやヒットが重なり、同点とされます。

3-3で迎えた9回裏、なんとしてでも勝ち取りたいこの試合。
5番竹内(3年・静岡市立)がフルカウントから四球を選び、続く代打の稲垣(3年・豊川)が送りバントを成功させます。
E4E455E1-2003-4D15-9E30-3BF9A2B62AEC

しかし後が続かず延長戦に突入します。

10回表、エラーから四球、ヒットと続き逆転されると、1点を返せずベスト4で敗退です。

あと一歩で届かなかった決勝の舞台。
昨年と同様ベスト4で終わってしまいましたが、最後に4年生の活躍する姿をたくさん見ることが出来て、とても嬉しかったです。
本当にお疲れ様でした。

新チームで今度は全日本選手権に出場できるようこれから頑張ります。

引き続き応援よろしくお願いします!

  • 入部を希望する皆様へ
  • OB会
  • 司会会場等へのアクセス