名城大学体育会準硬式野球部公式ホームページ

東海選手権大会2回戦

こんにちは!マネージャーの木村です!
先日行われました東海選手権大会2回戦の報告です。

3月22日 対 日本福祉大学
2-4 ● 敗北

先発は3年山崎。初回に二塁打を浴びながらも無失点に抑えますが、3回に四球絡みで先制点を献上、4回にもミスと四球で出たランナーをタイムリーで返され2失点。
4回3失点と先発の役目を果たせずマウンドを降ります。
44871DC0-9FB3-4565-B8E1-99317881A2C3

4回裏、この回先頭の山形がセンター前にヒットを放ちます。その後盗塁とパスボールでノーアウト3塁とチャンスを迎えます。しかし、3・4番がチャンスを活かせず反撃ならず。
95FE96E0-5CF8-4C15-91B0-ADB59D9F48CE

E4EF2C34-784A-4CF4-AD28-C6E4CC0AAAC0

986A85BF-E11B-4BC5-BB9F-81FA1D52B38B

5回裏、2アウトから主将斉藤がレフト前ヒットで出塁し、エラーが絡み2アウト3塁と再び得点のチャンスを迎え、打席には副主将の松本。松本は期待に応え、センターオーバーのタイムリースーベースを放ち1点を返します!
EB17B0CA-EA25-441F-9B8D-1E621041518D

E8B25DB7-EF46-4B44-BD9A-E3522AC5D027

続く6回裏、2番山形がレフト前ヒットで出塁すると、送りバントと内野ゴロの間に2アウト3塁とチャンスを迎えます。この場面で5番井上がセンター前にタイムリーヒット放ち、1点差へと追い上げます。
3DAEB7D2-6938-4FE3-862F-8B6D90B6EE2F

しかし、7回表、5回から登板の成瀬がつかまり、四球から連打を浴び失点。再び2点差となりますが、7回途中から登板した八坂が、その後を無失点に抑える素晴らしいピッチングを見せました。
10D7C92D-0931-4DEC-8D76-2D4C5D871009

7BC6DC3D-ECC0-4D0B-AA75-D8855EC908DF

打撃陣はその後チャンスを作ることができず、結局7安打2得点。相手の投手を最後まで崩すことができず、全日本選手権大会出場権をかけた東海選手権は初戦で幕を閉じました。

3月31日からは春季リーグ戦が始まります。
全国への切符が得られるよう、全力で頑張ります。
応援よろしくお願いいたします!!

  • 入部を希望する皆様へ
  • OB会
  • 司会会場等へのアクセス