名城大学体育会準硬式野球部公式ホームページ

東海地区交流優勝大会 決勝

こんにちは!
マネージャーの木村です。
9月30日に行われました東海地区交流優勝大会の決戦戦について報告致します。

対 日本福祉大
7-8 敗北●

先発は山﨑、初回は3者凡退で立ち上がったものの、二回裏、エラーが絡み先制を許します。

三回表、8番鈴木が四球で出塁すると、盗塁などで三塁まで進み、2番古家の犠牲フライで同点。更に4番中野のタイムリーヒットにより勝ち越しに成功します。しかし4回裏に同点に追いつかれると、5回には打者一巡の猛攻を受け、一挙6失点。5回終了時点で 2-8と厳しい状況となりました。
1C8DAFD6-F632-4660-BDB6-FDDF3DCF185E
E291B75F-3571-4B7B-A1A5-FB696BBD0027
5FCF34C5-C84E-4160-9D2E-786DAD380911

2CD529F9-D4DF-4491-A2A9-156C3AAF3386

DDC664D1-8D2A-4387-B992-AB18495CCA3A
追い詰められた状況から6回表、先頭の5番遠藤がレフト前にヒットを放って反撃の開始。エラーと四球で2アウト満塁の場面から、代打の山田竜がタイムリー、連続四球を挟んで3番古橋もタイムリーヒットを放つなど打者一巡の猛攻を見せ、この回4点を返します。
295E1725-B552-45D3-9A18-E16DF16BA280

9ADC47BF-EAEC-4DB9-A12A-EB7B2530ED58

DD612CEA-618D-48DC-808F-DBC21B42C107

投手陣も粘りを見せ、6回以降は得点を許しません。

その後、試合が動かないまま6-8で迎えた最終回。
2アウトで迎えるバッターは唯一の1年生岩田。初球を捉えレフト前ヒットで出塁すると、続く8番鈴木がタイムリー三塁打を放ち、1点差に迫ります。
しかし、最後のバッターがショートゴロに終わり、残念ながら試合終了。7-8であと1歩及びませんでした。
D5B7325D-C733-4B3A-9BC1-5CB8E98BDCAB

1E858A7C-5E86-4C62-B042-80AD110F836A

0D0C2DB0-0144-472C-8F41-20A00A367E19

58D9F9BF-D98F-4067-B833-21760486C125

57A940EA-EC4C-4E84-8C55-897AF7BF809D

この大会を最後に一部の4年生が引退。勝利を掴み取りたい一心で、メンバー全員が力を出し切りましたが悔しい準優勝という結果に終わりました。

しかし下を向く暇もなく、来週から秋季リーグ戦が始まります。目指すは悲願のリーグ戦初優勝!
選手一同、力を合わせて戦います!
応援よろしくお願いします!!

  • 入部を希望する皆様へ
  • OB会
  • 司会会場等へのアクセス