名城大学体育会準硬式野球部公式ホームページ

春季リーグ戦 第3節 対愛知教育大学

こんにちは!
マネージャー2年の杉浦、4年の木村です。

先日行われた春季リーグ戦第3節 愛知教育大学との2連戦についてご報告いたします。

令和4年度 春季リーグ戦 第1戦(4月20日)
8 – 4 ◯勝利

春季リーグ戦 2勝2敗で迎えたこの試合

攻撃は初回、1番石本(1年・南砺福野)がセンター前ヒットで出塁するとその後盗塁を決めランナー2塁に。
2番山田(2年・富田学園富田)が死球を受け無死1,2塁とすると、3番岩田(3年・浜松工業)のゴロがエラーを誘い満塁となります。
434CB503-63A9-4D86-AEF1-CFF0B41F8112

先制のチャンスで迎えたバッターは、4番竹内(3年・静岡市立)。
初球を捉え、センター前にタイムリーで1点を先制します。
03A39F10-B703-43C4-BD24-69D333D95EC0

なおも満塁で追加点のチャンス、続く遠藤祐(4年・享栄)がショートゴロダブルプレーとなるもその間に2点目を追加します。

2死3塁から6番小島(2年・愛産大三河)の打球を相手がエラー、この隙に3点目を追加。
初回に3点を先制と幸先の良いスタートとなります。
E3108E1A-6667-435C-9B03-FB83FC83ADB5

投げては先発の山崎(4年・南砺福野)が初回、2死満塁のピンチを防ぐと、2回を三者凡退で打ち取ります。

その後4回に同点とされますが、
5回表、2番山田がセンター前ヒットで出塁し盗塁を決めると、続く岩田が右前適時打を放ち、1点を勝ち越し。
足を活かした1点となりました。
50FCBB64-7875-4807-A1D0-41CBD13480AE

なおも5回、無死1塁から初回に先制点を挙げた4番竹内が今度はレフト前にテキサスヒット、続く遠藤祐の送りバントが成功し、1死2,3塁に。6番小島の打球が敵失となり、その間にこの回2点目を追加します。
241C6AFD-81F8-4D73-98C0-5E2029D2F0C0

この裏、3番手伊藤(3年・袋井商業)が安打と犠打により2死1,3塁とピンチを招きますが、ゴロに打ち取り無失点と好投を見せます。

5-3で迎えた6回には、8番小出(2年・享栄)がセンター前ヒットを放つと、盗塁と送りバントから相手のエラーによりさらに1点を追加し3点差とリードを広げます。
D582FC5A-B285-4E7A-9534-CB4D2E955FCE
6回裏、マウンドを任されたのは今試合が大学のデビュー戦となる1年生柘植(名城大附属)。
先頭打者に二塁打を浴びるも、その後リズムよく3アウトを取り1失点と上々のデビューとなりました。
18401600-DE1D-44E8-9508-3542513E2420

2点差となって迎えた7回、4番竹内がセンター前ヒットを放ち盗塁を決めると、続く遠藤祐が四球を選び無死1,2塁。そこから6番小島がサードにバントヒットを決め満塁に。
322D1F89-C14C-4062-B29A-54615536EDFE
8番小出の犠牲フライにより1点を追加します。さらに続く9番柴田(4年・中部大春日丘)が中前適時打を放ち2点目を追加、流れを掴み4点差とします。
8589CA2E-B6E6-4EF2-A191-4DE933B95E46

7回も引き続き柘植が登板すると、
6球で三者凡退に。
8回を任された成瀬(3年・岐阜城北)、9回八坂(3年・大同大大同)も三者凡退で相手打線に得点のチャンスを与えず、今日も磐石なリリーフ陣で試合を締めくくりました。

 

令和4年度 春季リーグ戦 第2戦(4月21日)
9 – 2 ◯勝利(7回コールド)

先発の深田(2年・南砺福野)は初回に先制を許します。
ABC4CAC8-D8FF-480D-8E00-8B6792A145B4

裏の攻撃。1番石本(1年・南砺福野)が死球で出塁すると、2番山田(2年・富田学園富田)の犠打で2塁へ進みチャンスを作ります。
C0D6E90D-5787-4F40-83E2-D43992E185A7

ここで打席はキャプテン岩田(3年・浜松工業)。右前適時打を放ち同点に追いつき、相手のミスから逆転に成功します。
E747F91C-AAAE-462A-8D42-C4A0E17EA699

更に二死1、3塁と好機の場面で、7番小島(2年・愛産大三河)の左前適時打が飛び出し、1点追加!この回一挙3得点となりました!
E6E649C1-750E-4893-992F-9EE60F9446CE

2回にも得点し5-1で迎えた3回裏。
一死3塁で8番山形(4年・栄徳)が左前適時打を放ちさらに点差を広げます!
B2B60ED1-844A-4935-B967-3AEDB8FB29B6

4回に1点追加し7-2で迎えた6回裏。
1番石本が右前打で出塁すると、2番山田の犠打で2塁へ進み、初回と同じ流れを作ります。
ここでキャプテン岩田が魅せました!センターの頭上を越える大きな一打を放ち一気にホームへ生還!ランニングホームランにより2点を追加しました!
CAAFFB65-641E-43BC-8C1B-8FA58FDFEB33

CDEBF638-5675-4975-982A-37255C141D71

投げては6回から成瀬(3年・岐阜城北)がマウンドへ。
得点圏にランナーを置かれても

粘りのピッチングで7回まで無失点としました!
9523C39F-8892-405D-B389-8555D2E319E2

好調な打線がチームを牽引、9-2と7回コールドゲームとなりました。

次戦は5/10(火)・11(水)の名古屋商科大戦となります。優勝目指して頑張りますのでご声援お願いいたします!!

  • 入部を希望する皆様へ
  • OB会
  • 司会会場等へのアクセス