名城大学体育会準硬式野球部公式ホームページ

全日本大会代表決定戦

こんにちは!
マネージャーの1年杉浦です。
5月22日に行われました全日本大会代表決定戦 準決勝の日本福祉大学との対戦について報告致します。

3-1  ○勝利

この試合勝てば決勝に進み、更に優勝すると全日本選手権大会への出場が決まる大事な一戦。

先発の山崎は暴投や4つの四球を与えるなど不安定な立ち上がりで先制を許します。
二回途中から登板したのは4年生の川瀬。ダブルプレーでこの回の守備を終えます。
BDC22FAD-932D-4C1A-B3E7-FDBB86013C11

0-1で迎えた2回裏の攻撃。5番山口がいきなり初球を捉え、レフト前ヒットを放つと、続く井上もレフト前にはじき返し、1死一・二塁。7番斎藤の犠牲バントで走者を進めるも、この回は得点に繋がりません。

四回裏、バッターは小塚。左中間への二塁打で出塁すると、6番井上の適時二塁打で同点に追いつきます。この勢いで逆転したい1死二塁の場面で、7番斎藤がセンター前にタイムリーヒットを放ち逆転に成功します!
39A764D5-C0A0-4FBE-B5C7-D108FC27CBCB06290EB1-2517-4978-89CD-A7AFB38362B9

五回裏、この回先頭の岩田がライト線へ強烈な打球を放ちツーベースヒットとなると、4番小塚がランナーを三塁に進めます。その後相手エラーが絡み、3点目を追加しました!
E019C76B-8E47-4897-B7FA-74076F4A9F45315A7B23-E3D1-46A4-9BC6-E09BFDFBE587

六回以降、お互い譲らず3-1のまま九回へ。
一死ランナー二・三塁のピンチになりますが、2つのフライアウトで川瀬が投げ切り試合終了となりました。

2番手の川瀬は2回途中から最後までピンチを招きながらも無失点で投げ切り、チームを救う好投を見せました。

全日本選手権出場へ、決勝では悔いのない戦いをしてもらいたいと願っています。
FED760FD-744E-496B-BB66-2A8BFC183926

 

 

こんにちは、3年生マネージャーの馬原です!

6月30日(水)・7月3日(土)に行われました全日本代表決定戦決勝戦について報告します。

全日本代表決定戦 決勝 対愛知大学
1-6 敗戦

全日本選手権代表校を決める大事な戦いとなったこの試合。先発は川瀬。幾度かピンチを迎えるものの、4年生らしい落ち着いたピッチングをみせ4回無失点の好投を見せます!

しかし5回に守備のエラーが絡み4失点。田中颯へとバトンを繋ぎますが、さらに1点を許し0-5と苦しい状況を迎えます。

8476D2B3-C58D-494C-8881-6CF25DF5D66D

F05FF0E6-17FC-46C1-B480-968012EFC572
E9C856E7-F9D6-4D6E-A8D4-CBBB6F495806

なんとか投手陣を助けたい打手陣でしたが、ヒットを繋げることができず7回を終えます。

8CB0B3C5-6C38-4246-8655-4B6DD11B87CB

038492DA-57E9-43DD-9404-A0A2626BDD4F

ここで球場の利用時間制限があった為、試合を中断し、8回表より別日・別会場で再開することとなりました。

迎えた7月3日。5点差をひっくり返したい名城でしたが、8回表に1点を追加され6点差となってしまいます。
なんとか残り2回の攻撃で巻き返したいところ。8回に代打で1年生の小池がライト前ヒット、そして竹内がセンター前ヒットを放ちチャンスを作りますが、後続が倒れこのチャンスを物にできません。

71FD6AA7-F4EC-4D8F-91CD-158034EACBFB

C9705CE0-24B0-42EB-B4CF-2585A4F9D996

そして迎えた9回、先頭の岩田がレフト前ヒット、3番諫山のセンター前ヒットでチャンスを作り、押し出し四球で1点を返します!

54914970-47BB-4128-8E56-C9869A3E5337

A6F761C1-E85B-420B-8F57-6951320FD61F

流れをつかんで追いつきたいところでしたが、相手投手の踏ん張りでゲームセット。1-6で敗戦です。

2018年以来の全日本選手権への出場はかなわなかったものの、試合の結果を受けて9月5日より東京都八王子市で開催される清瀬杯全日本大学選抜大会への出場が決定しました!
前回出場時は準優勝を果たすことができ、チームが大きく飛躍した大会となりました。優勝目指して部員一同頑張っていきますので応援よろしくお願いします!

  • 入部を希望する皆様へ
  • OB会
  • 司会会場等へのアクセス